So-net無料ブログ作成

iPhone、ソフトバンクモバイルから登場 [スマートフォン]

すでにご存知とは思いますが・・・

iPhone、ソフトバンクモバイルから登場、2008年中にも

Apple iPhoneがGoogleと対抗意識があったとすれば、Googleと提携しているdocomoやauは不利でしたね。
それがなかったとしても日本市場投入にはある程度サービス、というものを考えたのではないかと思います。
docomoはGoogleサービスをベースに移行、auはGmail以外は独自ですが、若干サービスが貧弱。
それにくらべてYahoo! Japanと密接な関係にあるソフトバンクモバイルは有利だったのではないでしょうか。実際日本では携帯サービスという面ではGoogleよりもYahooに一日の長がありそうな気がします。AppleはそうしたYahoo!Japanのサービスを取り込みたかったのでしょう。
 ただ気になる点も。iPhoneのアプリケーションはiTune経由で販売されます。この流通経路は今までの携帯サービスにはなかったもの。携帯会社としては自社からダウンロードし、料金回収(代行)で利益を得ていました。これをスキップされることは形態会社の収入源を一部絶つというもの。ソフトバンクモバイルもその点は意識しているのではないでしょうか。
 Yahoo!のサービスを提供する代わりにiTuneの日本法人と資本提携などをする。そうした取引をした可能性があります。


 いずれにしても早く詳細が知りたいですね。ソフトバンクがこのままコンシュマー向けだけに特化するかどうかも知りたいし。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます